新着情報 | 飲食店の新型コロナウイルス等の特定感染症による休業補償・火災保険・賠償保険を兼ね備えた総合補償制度です。

飲食店の保険コストダウン
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム
新着情報

  • ■該当件数74件中<1 ~ 10を表示>
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 次へ>

2022/12/06

埼玉県の居酒屋オーナー様のお問合せがありました。

現在ご加入中の証券の写メを送っていただきました。
現在よりも内容と保険料が有利なプランを作成中です。


2022/11/29

新たなお問合せが2件ありました

京都のレストランと、神奈川のバーのオーナー様からのお問合せをいただきました。
2件ともに新規開業のオーナー様からのお問合せでした。昨日のお問い合わせに対し、12月1日保険始期希望でしたので
即日メールで見積りを送り、電話説明もさせていただきました。


2022/11/21

小さい飲食店の価値

飲食店に限らずすべての業種において、大規模な資本の経営が優先されつつあります。
規模が大きくなることで、生産性が上がることや、人的資本が充実することは間違いありません。
保険代理店にもその波は押し寄せています。
しかし、規模拡大だけが企業の未来というのでは、仕事としてあまり面白くありません。
一件古いやり方に見えるけど、徹底した工夫で他がまねできない店舗経営を実現する。
小さくて強いお店という選択肢もあります。
小さくてもキラリと光る経営体が全国に散らばっていることが、多様な人材を育成し、業界全体を豊かにします。
経済が右肩上がりで成長することが見込めない縮小の時代には、このような自立した中小零細企業が
地方に存在することが、地域にとってもますます重要になっています。
がんばれ!中小零細企業経営者!


2022/11/15

農家はもっと減っていい、という本を読んで、参考になります。

当社もそうですが、世の中の飲食店は小規模なお店が多いです。
「産業の集約が進み競争が激しくなることは、似たような商品ばかりになる傾向を生みます。
食べ物に関していえば、「すごく美味しくはない」ものはあっても、「不味い」物はほとんどないのが今の日本。
消費者はどれを買っても大きな失敗はないと言えます。
この、そこそこいいものがあふれている、という状況が消費者にとって幸せかと言えば、
必ずしもそうではありません。
他人と違うものを食べたいと、考える人は一定数います。
これは小さなビジネスにとってはチャンス以外の何物でもありません。
もちろん作るものは美味しくなければなりません。
だからといって、1位を目指す必要はありません。
むしろ、他と比べにくくすることが重要です。


2022/11/07

水漏れ事故のその後

10月1日から飲食店の賠償+物損害+休業のセットでご加入されたお店の
漏水事故がありました。
物損害で水濡れ事故の保険金約70万円をお支払いできることになりました。
お店は3階にあり、2階への水漏れも確認できているため、賠償でお支払いできる可能性も
あります。
まずは原因究明です。原因が3回のお店の過失であれば、賠償保険が活躍しますし、
ビルの配管自体に問題があれば、火災保険または施設賠償保険が活躍します。


2022/10/25

三重県のラーメン店のお申込みが決まりました。

11月1日始期で賠償+物損害+休業のフルカバープランでご加入が決まりました。


2022/10/17

東京の飲食店からのお問合せをいただきました。

東京で新規開業されるバー・レストランのお問い合わせありがとうございます。
メールをいただく前に電話でいろいろお問い合わせいただき、こんな保険があったら加入したい、という
ご要望に沿ったプランを送りました。
10月20日までにお返事をいただく予定です。


2022/10/11

飲食店保険の事故対応

飲食店保険の受付を開始してから一年余りですが、事故の報告をいただくようになりました。
一番大きな事故は排水管からの水漏れによる、水濡れ損害と、そのための休業です。階下への賠償の可能性もあります。
お店のイベントのために借りたものを破損したときの賠償、コロナの感染による休業もあります。
お店の保険は、大家さんへの賠償と什器備品の補償が加入目的のメインです。
その他の賠償や、休業補償のほうが事故の確率では多いといえます。
大きな事故になると、お店の経営を揺るがすような事態にもなります。
当社の提案する賠償+物補償+休業のプランを多くの飲食店のオーナー様に知っていただくことは、
コロナから立ち直る努力をされる飲食店経営にとって、とても重要な使命だと感じております。


2022/10/03

レストランの水濡れ事故が発生しました

排水管の破裂による漏水事故が発生して、休業が発生しているようです。
当社でおすすめしている賠償+物損害+休業のセットプランでご加入されています。
物損害と休業で対応します。
3階のレストランなので、場合によっては賠償も対応することになります。
自己を前提にご加入される方は少ないですが、実際に印書k店の事故は当社のお勧めの
3点セットでご加入されることが、最も安心していただける内容です。


2022/09/26

証券が届かないというお問合せをいただきました。

9月中旬に申込書類をおくっていただき、10月1日から保険のスタートに順調に手続きを完了したお客様から
「手続きは完了していますか?証券が届かないのですが。」というお問合せをいただきました。
この保険は団体割引を適用しているため、通常よりも発送が遅れます。10月1日から間違いなく補償開始します、とお伝えして安心していただきました。
保険は目に見えない商品です。ましてや、遠方のお客様では保険証券が始期までに届かないのは不安です。
本日は月一回の全体会議です。
毎回、お客様の声を全員で発表し共有する時間を取っていますので、この情報を共有して改善策を考えてもらいます。


お問い合わせ・ご相談フォーム

PageTop