飲食店の保険ならご相談ください。

飲食店の保険コストダウン
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

飲食店の保険

飲食店のオーナー様で、保険のコストダウンを図りたいという方は、有限会社フィット総合保険にお任せください。
新型コロナウイルス感染症が世界的に流行して、多くの飲食店が経営存続の危機に立たされています。そんなときこそ保険が経営者の頼りとなり、加入している保険によってもお店を存続できるかが変わってきます。
当社では、低コストで新型コロナウイルスなどの特定感染症に対応できる、休業補償と火災保険と賠償保険を備えた経営者の助けとなる保険を用意しています。

飲食店 保険

保険が必要なことは分かっていても、この苦しいときに経費を増やすことはできないというオーナー様も多いと思います。ただし、現在加入している火災保険料が安くなり、より充実した補償内容になるとすれば、悩む必要はありません。
気になる休業補償や火災保険や賠償保険の内容に関してしっかり確認して、大切なお店を守る備えにしてください。
お電話かメールをいただければ、無料で飲食店の保険に関する相談に乗って、詳しい事情をお伺いしたうえで、店舗に合わせた最適な保険をご案内させていただきます。
現在加入している保険の保険料に不満がある方や、保険への加入をお考えの方は、まずはお気軽に当社までお問合せください。

01飲食店が加入しておくべき店舗保険とはどのようなもの?

保険とは何かあったときの備えとして加入すべきもので、飲食店を営む場合もいろいろなトラブルに巻き込まれることが想定されます。
保険に加入しておくと、自己負担を抑えることができるなどのメリットがあるわけですが、店舗保険とはその名の通りに飲食店などの店舗のための保険です。
たとえば、2021年現在新型コロナウイルス感染症のせいで、多くの飲食店が休業を余儀なくされています。もちろん、自分の都合によってお店を休業する場合は別ですが、このような予期せぬカタチで休業しなくてはいけない場合に、店舗保険に加入しておくことにより補填してもらうことができます。

飲食店が加入しておくべき店舗保険とはどのようなもの?

店舗保険にはさまざまなタイプの保険が用意されているため、自分のお店に合った保険を選ぶことができます。
飲食店が巻き込まれるトラブルは、お店のタイプや立地や経営スタイルによっても異なります。たとえば、地下にある飲食店では洪水時に大きな被害が想定されますが、高層階にある店舗はその心配は無用です。
また、お店の広さや客席の数によっても、想定されるトラブルは変わってくるので、それぞれのニーズに合った保険を選択してください。

02飲食店をはじめるときには保険について学ぶことが大事

飲食店をはじめるときには保険について学ぶことが大事

飲食店をはじめるときには、店舗を探して賃貸契約したり、厨房器具を揃えたり、内装工事を行ったりいろいろな経費がかかります。
土地を購入して自分のお店を持つとなれば、東京などの都会でなくても何千万単位の費用がかかります。
そのため、ついつい忘れがちになるのが保険への加入ですが、飲食店経営者が一般的な火災保険や地震保険などの災害に関する保険以外にも、加入すべき保険がいろいろあるので、お店づくりを行う前に保険についても勉強することを推奨します
飲食店を経営すれば、店舗以外にも従業員やお客様など多くの関係性が生まれます。それに加えて、飲食物を取り扱うことになるため、食中毒などのたくさんのリスクを抱えることになります。それにより、お店が被害者になることもあれば、加害者になることも考えられます。
保険へ加入するにはもちろん保険料が発生しますが、それを惜しんで後から経営を継続できない危機に陥るよりも、はじめから保険についてきちんと学んで、必要な保険にはしっかり加入することをおすすめします。
実際に、保険に加入していたおかげでお店を潰さず済んだという経営者はたくさんいます。

03保険に関する飲食店が抱える3つに悩みについて紹介

1.飲食店が加入すべき基本的な保険とは
飲食店が加入すべき一般的な保険としては、「火災保険」「労働保険」「産物賠償責任保険」などがあります。
火災保険は火災などの災害が起きたときに保証される保険で、労働保険は従業員などが仕事中にケガをしたときに保証される保険です。
産物賠償責任保険は、食中毒や料理への異物混入などによるトラブルに対する保険で、お店で作ったものでお客様に被害があったときに、被害額が補償されることになります。

2.テナントを借りて飲食店をはじめるときに加入すべき保険は?
テナントを借りてお店をはじめる場合は、火災事故などを引き起こして建物に被害を与えたときには、テナントのオーナーに対し賠償責任が発生するため、基本的な保険に加えて「借家人賠償責任保険」にも入ることをおすすめします。

3.保険に加入するときのポイントは?
飲食店のオーナーが保険に加入するときのポイントはいろいろありますが、大事なのはお店に合った保険を選択することです。
お店の規模に合わせて、どのような被害が起きて、そのときにどの程度のお金が必要になるかも考えて、加入する保険を選びましょう。
テナントを借りるときには、不動産会社が保険をすすめてくれる場合も多いですが、その他の保険と比較することもポイントで、自分が納得した保険に加入しましょう。

04飲食店向けの保険の種類にはどのようなものがある?

飲食店向けの保険には、火災保険や賠償保険など多くの種類が用意されています。
火災保険とは、その名の通りにいつ起きるか分からない火災に備えた保険で、特に火を取り扱う飲食店では高い火災リスクを抱えています。
また、自店では火を使用しなかったり細心の注意を払ったりしていても、飲食店が多く入ったビルなどで営業している場合は他の店舗からの出火も常に考えておく必要があります。
食べ物を取り扱いしていれば、食中毒のリスクも常に抱えています。それに備えた保険として「製造物賠償責任保険」と呼ばれるものがあります。
飲食店では、従業員やアルバイトを雇用するケースが多いですが、それらスタッフが仕事中に万一ケガをしたときに対応できるのが堂々保険です。
この保険に加入していれば、労働中に起きた事故は保証されます。保険に加入していなければ、そのときは何とかなっても、その後賠償請求をされて思わぬアクシデントになる可能性もあるので、飲食店に限らず人を雇用している経営者なら労働保険へ加入しておくことをおすすめします。
最近では一通りのトラブルに対応できる飲食店向けの「店舗総合保険」が人気を集めています。

05三重県四日市市から全国の飲食店の保険のコストダウンを

三重県四日市市に拠点を置いて、全国対応で飲食店の保険のコストダウンの相談にも乗って、最適な保険を提供しています。
四日市市は三重県の北部に位置し、名古屋都市圏に含まれています。県庁所在地ある津市を上回る人口を擁しており、四日市市の人口は2021年8月時点で約30万4千人となっていいて、東海地方では名古屋市、浜松市、静岡市、岐阜市、豊橋市に次ぐ第6位です。
四日市市は鈴鹿の山並みなど美しい自然環境がある港町で、江戸時代は東海道五十三次の宿場町として栄えていました。
四日市市は日本有数の工場地帯でもあり、最近では美しい工場夜景が話題となっていて、市内にはたくさんの鑑賞スポットがあり、県外からも絶景の工場夜景を観るために多くの人たちが訪れています。
四日市市は産業と自然が丁度よく共存していて、四季折々の自然を満喫できるようになっています。
四日市市は鉄道と道路のネットワークが充実していて、四日市港や中部国際空港などの海空へのアクセスの良さも特徴的です。
市を挙げて子育て支援にも取り組んでいて、日本全体で人口の減少化が進んでいる中で、四日市市には転入者が増えています。

06飲食店が保険に加入する場合の費用の目安を紹介

飲食店をはじめて経営する方の多くが、生命保険や自動車保険には加入したことがあるけど、飲食店向けの保険に関しては全く知識がなく、保険料がどの程度かかるかも分からないという方がほとんどです。
飲食店が加入すべき保険料は飲食店の業種やお店の広さや、入居する建物の構造や補償の額によって大きく異なるため、一概には目安を算出することはできません。ただし、加入する保険によって補償額が同じだとしても料金は変わってくるので、いろいろな保険商品を確認したうえで加入する保険を決めた方が、費用を抑えることができます。

飲食店が保険に加入する場合の費用の目安を紹介

保険料をできる限り抑えたいなら、まずは自分のお店で必要な保険がどのようなものなのかを知りましょう。
飲食店が加入すべき保険にはたくさんの種類があり、火災保険を基本としていろいろなオプションを付帯させることは基本となっています。
「店舗総合保険」という組み合わせ型の保険も用意されていますが、これに加入すれば全てを賄えるわけではありません。
自分のお店に必要な保険が何かを知るためには、保険についてしっかり勉強するか、優秀な保険会社の営業マンなどに詳しく尋ねることをおすすめします。

07飲食店が加入する保険を選ぶ3つのポイントを紹介

01店舗総合保険への加入がおすすめ

はじめての飲食店経営で、保険に関する知識も乏しいという方なら、店舗総合保険へ加入することをおすすめします。
この保険は、店舗で加入すべき最低限の保証を備えています。ただし、全てのリスクに備えられるわけではないため、保険会社のアドバイスなども聞いて、経営するお店の規模や特徴などに合わせて他にも必要な保険にも加入しましょう。

02顧客への被害が補償できる保険に加入する

飲食店は客商売なので、第一に顧客のことを考えなくてはいけません。
飲食店ではいろいろなトラブルが発生する可能性があり、被害が顧客にまで及ぶことも十分に考えられます。
たとえば、施設賠償責任補償なら他人の体や財物が破損した場合にも補償されます。ただし、人為的なトラブルには対応できないため、飲食店特約に加入する場合は、顧客へ及ぶ被害をしっかり想定して加入を決めましょう。

03災害や食中毒に強い保険へ加入する

飲食店で起こりうるトラブルとして、真っ先に考えられるのが火災や食中毒です。
これらは自分たちが日ごろから気をつけていても完全に防ぐことは難しいため、保険でしっかり備えておかなくてはいけません。
万一の場合の補償額を確認して、いろいろな保険商品を比較することをおすすめします。

08飲食店向けの保険を提供している保険会社の違いとは

飲食店向けの保険を選択する際には商品選びが重要となり、どこの保険会社がその商品を取り扱いしているかを見つけることがポイントになります。
最近では保険の代理店も増えていて、いろいろな保険を扱っている店舗も増えているので、そのような場所を見つけて相談することもおすすめとなっています。
飲食店を新規ではじめるときには多くのケースで不動産会社のお世話になることから、不動産で店舗総合保険などに加入することをすすめられることも少なくありません。
しかし、不動産会社は不動産の専門家ではありますが保険のプロではないため、いろいろな保険商品を自分で確かめて加入しましょう。
保険への加入は、保険商品を提供している保険会社と直接契約を結ぶ方法と、保険代理店で契約を結ぶ方法と、インターネットで契約を行う方法の3パターンがあり、最近では3つめのインターネットで契約する方が増えています。
いずれの方法を選択しても構いませんが、インターネットを活用すれば、保険会社や保険代理店や、各保険商品の情報も細かく調べることができ、口コミの評判なども確認できます。
保険に加入した後のことも考えて、サポート体制がしっかりしていることも、保険に加入する会社選びの大事なポイントです。

09飲食店の経営者から保険について寄せられる相談事例

飲食店の経営者から保険について寄せられる相談事例

飲食店の経営者になれば、お店で起こる様々なトラブルに備えて保険への加入もしっかり考え実行に移さなくてはいけません。
開店の準備が忙しくて保険どころではない、保険料がもったいないから保険には加入しない、保険のことはよく分からないから成り行きに任せる、という経営者も少なからずいるようです。しかし、特に人を雇ってお店を運営している場合は、経営者として資質も資格もないと言えるほど、保険へ加入することは大事なことです。
飲食店の経営者から保険について寄せられる相談で多いのは、どのような保険に加入すれば良いか?ということですが、飲食店を取り巻くリスクを回避できる保険に加入すべきというのがその答えです。
飲食店で起こりうるリスクを大別すると、「損害リスク」「休業リスク」「賠償リスク」の3つに分けられます。
損害リスクは、火災などの災害によって被る被害です。休業リスクは、食中毒や感染症などによって余儀なく休業をせざるを得なくなったときの利益の減少に対するものです。賠償リスクは、何らかの原因で損賠賠償を請求された場合に対するものです。この3つに対して保証がなされている保険に加入しましょう。

10飲食店向きのテナント総合保険に関する3つの質問

質問 テナント総合保険とはどんな保険なの?
回答 飲食店向けの保険にはいろいろな種類がありますが、その一つがテナント総合保険です。
これは、店舗内の設備や什器などが火災や盗難や水漏れなどの被害に逢った際に補償を受けられたりする保険です。
また、大家さんに対する賠償責任や、第三者に損害賠償を負った際にも補償が適用なるなど、補償内容は商品によって異なるため、加入前に補償範囲を確認してください。
質問 住居でお店をやる場合はテナント保険の契約はできる?
回答 テナント保険というのは、テナント専用の賃貸物件が対象になるため、住居の場合はテナント総合保険ではなく他の保険に加入しなくてはいけません。ただし、店舗兼住居の場合は、テナント部分のみが対象になります。
飲食店に関する保険にはたくさんの種類があり、多くの商品も用意されているので、自分に合った保険を選んで加入しましょう。
質問 テナント保険にクーリングオフは適用される?
回答 基本的にクーリングオフは適用になります。定められた期間内であれば、契約者からの書面による通知でクーリングオフはできるようになっています。
詳しいことはパンフレットなどで確認するか、保険会社の担当者に直接問い合わせてみましょう。

11飲食店が加入するべき保険会社を選ぶときの注意点とは

POINT 飲食店に限ったことではありませんが、保険に加入する場合は商品選びが最も重要なポイントとなります。
したがって、一定の保険会社に絞ってしまうと、自分に最適な保険を見逃してしまうことになる可能性が高いので、できるだけ多くの情報を集めることをおすすめします。
とは言え、保険のことに詳しくないという経営者様も多いので、保険商品や保険について詳しく知りたい方は、信頼できる保険代理店や保険の窓口などを利用することをおすすめします。
どうしても保険商品を提供している保険会社に直接相談すると、自社商品しか案内してもえないことになる可能性が極めて高いです。
また、加入すべき保険で注意すべきことは、保管会社の経営状況です。せっかくベストな商品が見つかっても、加入後に会社が破綻してしまうと、せっかく支払った保険料が無駄になってしまいます。
何か問題が起きたときにそのような事態になってしまうと、補償が効かずに最悪お店を潰してしまうようなことにもなりかねません。
そうならないためにも、補償内容以外にも保険会社の情報も自分自身でしっかり調査して確認しておきましょう。

12飲食店向けの保険に関する専門用語にはどのようなものがある?

飲食店向けの保険に加入する際には、今まで聞いたことがないような専門的な用語を耳にすることも良くあります。
後でトラブルにならないように、そんなときには分からないままにしないで、その場で担当者などに確認することをおすすめします。
たとえば、「過失相殺」という言葉の意味は、損害賠償において被害者にも過失があった場合に、賠償額を決めるにあたって公平性の観点からその被害者の過失部分を賠償額から減額することです。
このときに重要となる「過失割合」とは、相手がいる事故が起きたときに、事故における「自分の過失」を割合にして表したものです。
保険に加入する際には「主契約と特約」という言葉も良く耳にしますが、主契約というのは保険契約の基本となる部分で、主契約だけで契約は成立します。
特約というのは主契約に付けるオプション部分を指していて、特約だけの契約を行うことはできません。特約によって契約条件を変更し、補償する範囲を変更したり、保険料を分割払いにしたりするなどの希望にあった契約内容とすることが可能になります。「責任開始日」という言葉も保険を契約するときには使用されますが、これは、申し込みをした保険契約の補償が開始される日のことを指しています。
お問い合わせ・ご相談フォーム

PageTop